トップページ

2007年3月23日 (金)

「どろろ」

一緒に風邪引きで旅行に行った友達が、

インフルエンザだった事が判明しわが身を心配中のtomです・・・。

今日は映画「どろろ」について。

070323_014902まだ見ていない人のためにネタばれの無いように細心の注意を払います・・・。

大学ではメディアを専攻していて、

撮り方とかよりもメッセージとかテーマなんていう映画そのもののストーリーの話が好きです。

でも、まずは映画全体の話をしたいと思います。

正直言うと、妻夫木さんはこの映画を見るまで苦手だったんです。

なんか頼りなく流されている感じで、

ドラマなどでも妻夫木さん自身のしっかりとしたものが伝わってこなかったというか、

070323_014901 はっきりしなさそうな人だなという感じで。

でも、今回久しぶりに妻夫木さんをみてイメージが変わりましたね。

しっかりとしたものが画面から伝わってきました。(逆に柴咲さんが頼りなかったけど・・・。)

「はるか古か遠い未来か、定かでないー」

そう始まるんですが、

戦国時代という手塚治虫の原作の舞台設定を神話的世界に置き換え

’いつでもない時代、どこでもない場所”としています。070323_015002

その意図的にあやふやにしているところが、とてもプラスになってるなと感じました。

例えば、撮影をニュージーランドと日本とあとスタジオ内のセットでしているのですが、

撮影場所を聞かず映画を観ただけでも映像のアンバランスさは感じましたが、

どこでもない場所というのが初めにあったので納得はできたかなと。

さらに言えばスパイスにはなっていました。

「いつでもない時代」に関してはこれは小道具や衣装の力が大きかったと思いますね。

特に百鬼丸を育てた寿海の家のシーンはすごい。

凝っていて、古い時代な感じがするけど、未来な感じも同じように受けました。

★★★

今回は「あてがき」というのが使われたんだそうです。

070323_015001_1 あてがきとは役の俳優を実際に想定して脚本を書くことなんだそうですが、

今回は柴咲さんに採用されたそうで、

原作では主人公「百鬼丸」に連れそう「どろろ」は子役なのだそうです。

今回はアクションも多く、どろろの抱える人生の重みやつらさを、

子供では演じきれないだろうという判断で監督以下、制作陣はとても頭を悩ませたらしいですね。

今まで映画化は不可能といわれてきた「どろろ」は

今回も不可能の壁に何度も当たってきたことをやはり感じました。

監督も、主演の2人と脚本家NAKA雅MURAさんに出会えたこのタイミングでなければできないと語っていました。

tomは個人的に非現実な感じがしてCG制作ものは苦手ですが、

今まで見たCGものの中では1番になりました。

さすが手塚治虫。そしてNAKA雅MURAさんといった感じで、

070323_015101 映画自体の重みというか、しっかりとしたテーマとメッセージに心打たれたという感じでした。

まだまだ語り足りないですけど今日はここまでにします。

また機会があれば書きたいですね。

でわ。

2007年3月22日 (木)

鞆の浦の思い。

ども。

風邪引きになってしまいました・・・。

Tomonoura_0732021_084 広島市内から車で鞆の浦というところへ行ってまいりました。

場所は尾道の向こう。倉敷の手前です(広島基準に書てます。)

先日書いた後、結局買ったキャノンの一眼レフカメラ携えて・・、

それから3月5日に車の免許が取れたところなので初ドライブもかねて

友達2人と1泊2日で行ってきました。

今回の旅の書きたいこと。

①鞆の浦・・・。過疎地の実情ですかね・・・。

鞆の浦は江戸時代の名残を残すとっても風情がある町でした。

Tomonoura_0732021_055 商業や漁業も盛んで、観光地としても今すごくがんばっていて活気がある町というイメージ。

人ものんびりしていて人懐っこくて犬や猫、鳩まで寄ってくるそんな町でした。Tomonoura_0732021_027

「おてび」というお食事さんで夕飯を食べた時のこと。

やっぱり人懐っこい鞆の人は学生三人を懐かしい感じの座敷に上げてくれ、

沢山話をしてくれました。

江戸時代からつづく町「鞆の浦」。

でも、江戸時代の町そのままって事は道もそのままの狭さなんよ。

今は雛祭りのシーズンで人もぼちぼち多くて稼ぎ時。地元の人同士ならいつものことだからすれ違えるこの前の道も、観光客には難しい。

今年は2回も、看板壊され屋根も電線も剥ぎ取られた・・・。

賠償しろとは言わんけど、謝罪くらいはしてくれなきゃおかしいんじゃないかな・・・。

みんな当て逃げなんです。

私りゃは家くらいですんでいいけど、子供たちの通学はみてられんですね・・・。

この辺は学校は1クラス、20人弱。

小学校、中学校までしかないらしい。

おばあちゃんが心配するのは自分のことではなくて子供、孫時代の「鞆の町」のことだった。

こんな道路では生活もできん。きれいな景色なのはわかるけども、生活が一番。

人が住めてなんぼでしょう。

実際、今回車で通ってみてぎりぎりだった。

どうやら話を聞いていると鞆の町の海岸線に橋を作る計画があるらしい。

瀬戸内海はきれいだ。

江戸時代からつづく町並みは本当にきれいで、以前、坂本竜馬も立ち寄り過ごしたことがあるらしい。

でも、愛媛の田舎で育ったtomでさえ危ないと思ったんだから、都会の広い道路にしか慣れていない観光客にはかなりの恐怖感を覚えるだろう。

早く橋を作って安全な町にしてほしい。

海も汚れ始め漁も収入が減り、また観光客やその他の車の増加で環境汚染や事故も増えこんな町では子供を育てたくないと、結婚を機に町を離れる人が急増しているらしい。

それでもおばぁちゃんはこう言った。

「みんな本当は鞆が好きなんですよ。それを証拠に引っ越すといってもここから車で15分くらいのところに引っ越す人が多いのよ。

本当にいい町なのここは。」

自分は年寄りじゃけん、わしが生きとるうちに変わるわけじゃないし、そんな問題どうでもえぇ、っていう人は実は少なくはない。

それでも、離れなくてはいけなくなる若者のために今、動きたいのだと語ってくれた。

そんな大層なことはできんのよ。

でも、こうやって若い人にこんなこと話すことは大きなことでしょう、と。

まさか、こんな風にネットに書かれるとは思ってもみないことだったのだろうけど、

読んでくれた誰かが、また誰かに伝えてくれるといいな。

難しいけれど、1つの問題に賛成するのも反対するのも現場を見て感じるべきだと思った。Tomonoura_0732021_107

2007年3月17日 (土)

¥95,000.....。

一眼レフって持ってますか?

2年ほど前にニコンのクールピクセルを買ったんですが、

最近、機種変した携帯についに画素数を抜かれてしまいました・・・・。

なので。

デジカメ買おうと思ってたんですけど、

せっかくなら一眼レフ買っちゃおうかなと思ったんです。

だって、ニコンのD40¥50,000ちょっとだっていうからデジカメと大差な070316_184501いなと思って。

一眼レフ初心者なので、気づかなかったんですけど、あれってレンズ別価格なんですね。

レンズ込みだと¥63,000だって言われました。

買うつもりで5万円握り締めて行ったのに・・・。

でもね。

よく話を聞くとニコンのD40って600万画素らしいんです。

今ってデジカメでも800万画素なんですよ。

070317_222801_1そしたら、今度はキャノンのEOS KISS DigitalXっていうのを勧められました。

1010万画素で¥10,4000

値切って、値切って¥9,5000にした挙句に今日は即決せず明日また行くことにしました。

もちろんさらに値切りに・・・。

決算前でしょ・・・。070317_222802_1

お互い困ってるでしょ・・・・。

まけてよぉ・・・・。

今後はブログ勉強してパソコンに強くなったらホームページ作りたいんです。

しかも火曜日から広島県の鞍の浦に旅行に行くんです。

だからどうしても欲しいの!!!

デオデオさん!!

立ち上げました。

はじめまして。

tomです。

今日からがんばりますね。

よろしくお願いします。

トップページ

「一眼レフ」修行中。

  • よりみち
    デジカメを新調しようと家電量販店に行ったら、 ついつい店員さんに誘われるがまま一眼レフに手を出していました・・・。 もともと写真好きだったし、最近は女の子が持ってても あんまり違和感なくなったって聞くし、 買ったからにはちょっとこだわった写真を撮っていきたいと思います。 まずは先日行った広島県鞆の浦。 ひな祭りをしていました。 まだ、自分が風景を撮りたいのか人物を撮りたいのかわからないまま、鞆らしさをテーマに観光写真撮ってみました。 是非、お楽しみくださいm
フォト

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ